*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この週末はお天気も良く、桜も満開。
最高のお花見日和でございました。
我が家も、テトの定期健診のついでに、ちょっとお花見してきました。

4月3日(土曜日)に半田のN病院に行ってきました。
前回から半年、手術からは1年弱です。
いつもどおりに、食後2時間後に採血できるように出かけました。

病院の写真はないので、お花見の写真で・・・。
花見
ここはどこでしょう?


【エコー検査】
 膀胱は、相変わらずキレイなまま。
 今後、尿酸アンモニウムによる結石が出来る事はない。
 肝臓は、ほぼ正常に近いくらいの大きさにまでなっているとの事。
 
肝臓内に細かい血管が走っているのが、ワタシの目にも確認できました。
充分に血液が流れていて、肝臓がほぼ正常な大きさになっている。
1年足らずで・・・。

本当に感激です。


 桜とポチテトと
桜とポチテト

強風~~~
もう少し桜の近くで・・・って思ったんだけど、強風の為断念(^_^;)


【血液検査】
 問題ナシ。


桜とてんとう虫バス
園内を走るバス。

てんとう虫バス
てんとう虫のバスだよん♪

植物園
植物園もあります。

池もあって、スワンもある
池だってあるし、スワンもいる。

虹の架け橋
向こうに見えるオレンジの橋は「虹のかけ橋」なんだって。
でも、渡った先に動物とのふれあいコーナーがあるから、わんこ連れでは
渡れません(>_<)

ここは、「鞍ケ池公園ハイウェイオアシス」でございます。
鞍が池公園ハイウェイオアシス
病院の帰りに、半田にある大きな公園に行こうと思ったらば、すごい混み混み!
駐車場もいっぱいであきらめました。

で、ちょっと遠回りだけれども・・・と、ここに来ました。
それが大正解!!
桜は沢山咲いているし、園内はかなり広くてお散歩にもGOOD!でした(*^_^*)



「本日をもって、『門脈シャント』に関しての検診は終了です。」と・・・。
「今まで、遠い所をありがとうございました。」と・・・。

テト 完治です。

最近のテトの元気ぶりを見てると、当然!とも思えるのですが、やはり、
こうして先生に言っていただけると、本当に安心します。
今更ながら・・・ですが、やはり嬉しくって涙が出てきます。



公園内にある、父ちゃんお気に入りの写真スポットで、撮り比べ(笑)
母ちゃん作
母ちゃん作


父ちゃん作
父ちゃん作


半田にあるN病院。
担当医のY先生。

いつでも、こちら側の気持ちに沿ってお話してくださる先生でした。
「何か心配ごとはありますか?」
「質問があったら何でも聞いてください」と毎回声をかけてくださいました。

術後、いろんな事が心配で質問しまくる私に、いつも丁寧に一生懸命説明
してくださいました。
ワタシがちゃんと納得できるように、気にしている事に関してはすぐに
検査もしてくれました。

肛門絞りのコツとか、爪の長さの確認とか(笑)・・・。
細かいことまで丁寧に教えてくださいました(*^_^*)
いちいち、こんな細かい事聞くか~?っていうようなことまで、
本当に丁寧にキチンとお話してくださいました。

獣医も沢山います。
県内では、一番設備が整っているのではないか?と思われます。
CTとかMRとか・・・。
でも、診察が流れ作業になっていない。
上から目線もない。
当然といえば当然なんだけど、それがやはり一番ありがたい!

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

我が家は半田のN病院に足を向けて寝られません!
(どっちが半田方向かわからないけど・・・(^_^;))



テトの完治記念だから・・・。
父ちゃんとポチテトと
たまには一緒にね。 ・・・って、ポチテトまるで違うとこ見てるし・・・(^_^;)

もちろん母ちゃんも。
母ちゃんとポチテトと
ポチさん・・・はっけよい・・・?(T_T)



スポンサーサイト

この3連休、お天気にも恵まれて、あちこちお出かけされた方も
多いのではないでしょうか?
残念ながら、我が家では、母ちゃんは2連休でしたし、用事もあった
ので、お出かけはナシ(^_^;)
ドッグランくらいは行きたかったんだけどね・・・。

行楽地にも、ランにも行けなかったけど、病院には行ってきました(笑)
日・祝でもやっているってのが、ありがたいです。

テトくん、とうとう3ヶ月検診です!!
多発に移行するかどうかの見極め・・・。
すこぶる元気、絶好調のテトではありましたが、ちょっとドキドキ・・・。

毎回同じ条件(食後2時間)に合わせて、病院に出かけます。
ところが、なんと高速が渋滞!!
しかも、いつもの出口では降りられませんとの表示。
しょうがないので、手前で高速を降りて、ハラハラしながら病院に辿り
ついたらば、ちょうど食後2時間。
病院は連休の真ん中だというのに、超満員・・・。

「出直して来い!」と言われたらどうしようかと思いましたが(ナイナイ・・・笑)、
先に採血だけしてくださいました(^_-)-☆

お疲れさん
採血は先にしてもらったけど、診察まではまだまだ(超満員だもん)。
テトさん待ち疲れています(笑)



前置きが長い?(笑)

では、結果です。

血液検査の結果は、すこぶる順調♪
多少上下した数字もありますが、全て正常範囲内。
(総胆汁酸のみ、後日連絡が入ることになっています)

フードは完全に普通食。薬の服用もナシ。おやつだってあげています。
その上での数字です。
完全に肝臓が機能しているってこと。
「少々毒なものでも、解毒できる、りっぱな肝臓に成長しています」
と、言っていただけた時には、また涙が・・・。

エコーも診ていただきました。
膀胱もキレイなまま。
肝臓も確実に大きくなってきているとのこと。
多発化の傾向もナシ!です。

もう、なんの心配もいらない(ToT)

絶対大丈夫!!って思っていたけど・・・。
それを確信できてホントに嬉しい!!
嬉しいよぉ~~~~っ!!(感涙)


今後は、フィラリアでの血液検査のついで、もしくは健康診断のつもり
でということで、1年に1度通うことになりました。

もうこの病院に来ることはなくなるのかな~と思っていましたが、
それには惜しい、良い病院でしたので、年に1度でも通えることに
なったのは、我が家的にも嬉しいことです(*^_^*)


さてさて、家に帰ってきてからのテトさん。
やんちゃ坊主
相変わらずの絶好調でございます。

しつこい
何度でも、何度でも、持って来い&引張りっこ遊びを要求・・・。
元気なのは嬉しいんだけど・・・。だけど・・・(>_<)

その頃、一緒に病院まで付き合った兄ちゃんは
お疲れさん
ぐったり・・・・。
だよね・・・(^_^;)


それにしても・・・・。
半年前までの事がウソのような・・・。
それとも、今が夢なのか・・・。

テトは運が良かった。
確かに、もっと前に発見することは出来たかもしれない。
でも、間に合った。
こうして健康な身体になった。
いろんな思いをしたけれど、良い方向に行く事ができた。
誰に感謝したらいいのだろう・・・?
わからないから、全ての人に、全ての事に感謝!ですm(__)m


これからも、ずーっとずーっと元気でね(*^_^*)
一緒だよ
いつも一緒だよ♪
ねっ♪♪

7月10日(金曜日)
1ヶ月検診です。
あっという間に1ヶ月が過ぎていました。
前回と同じ条件で病院に行きます。
(食後2時間で血液検査ができるように)

この1ヶ月の間に、テトくんのおしっこ事情がずいぶんかわってきていました。
以前は、まめにトイレに通っていたのに、貯めるようになってきていました。
そのため、かなり濃い色のおしっこです。
シャントで尿酸アンモニウムの結晶が出来る子のおしっこは、濃く汚い色なのです
が、その頃と比べると汚くはないものの、同じくらい濃い感じ。
もう、おしっこの心配をしなくてすむ・・・と思っていたのに・・・(>_<)

ということで、血液検査、エコー検査にくわえ、尿検査もしてもらうことにしました。

尿検査の結果、ビリルビンが少々高めではあるものの特に問題があるほどでも
ないというお話でした。
炎症もおきてなく、膀胱炎の可能性もない。
むしろおしっこを貯められるだけの膀胱になった・・・と言えないこともないって。
だからといって、あまりにも濃い色なのはやはり良くないので、水分をもっと摂らせる
ようにしなければ・・・。

エコー検査
前回同様、多発化傾向もナシ。膀胱もキレイ。

血液検査
GPT、ALP、問題ナシ。
前回下がっていたBUNも問題ナシ。
NH3にいたっては、18にまで下がっていた。
TPも確実に上がっている。
TBA(総胆汁酸)は、また後日でした。
(前回の半分くらいまでは下がっていたものの、期待値よりは高かった。)

TBAは期待したほどまでには下がってはいなかったものの、その他はすこぶる順調。
そこで担当医から、思わぬお言葉が。

「本当ならば、リハビリ食(関節サポート)でワンクッション置くところですが、
もう普通食でいいでしょう。」
「薬も飲まなくていいですよ。」

なんですと?

普通食? 薬もナシ?

ホントに?ホントに???? ホントにぃ~~~っ!!!??

ダァ~~(ToT)~~ッ!!(感涙)

まさか、こんなに早く、この日が訪れようとは・・・。
もう夢のようでした・・・。
多発化に移行するかどうかの見極めはまだ先です。
次回3ヵ月後(9~10月頃)の検査で、だいたいわかるようです。

でもでも・・・。
こんなに嬉しいことはありません。
この2年間、食事制限で好きなものも食べられず、大嫌いなお薬漬けにされていた
テトが・・・。
普通のわんこと同じ生活ができるようになったのです。
ポチが食べられるものは、テトだって食べられる♪
ムリヤリ、口に薬をほうりこまれることもなくなります。
  
本当に本当に嬉しい!!

良かったね♪
「テトも母ちゃんも、良かったね♪」
「うんうん。ありがとね。ポチにもちょっと我慢させちゃったこともあったね、ごめんね」

嬉しいね♪
「嬉しいよ~ん♪」
「母ちゃんも嬉しいよ」


この日は。
診察料、血液検査、エコー検査、尿検査で、5500円です。


嬉しくて、嬉しくて・・・。
大騒ぎして喜んでいたのですが、しばらくして気がついたことがあります。
普通食?
普通食・・・・って・・・。 何食べさせよう?
ここんとこ、肝臓サポートのウェットばかりだったテト。
何なら食べてくれるの?

・・・・・ヤバイ!! きゃ~! どうしよう・・・????\(◎o◎)/!


運命の手術の日から2週間が過ぎました。
6月11日(木曜日)
抜糸です。
ついでに血液検査もします。
血液検査は毎回同じ条件(食後2時間)で行いたいということなので、時間を調整して
出かけました。
夕方5時に食事をさせます。
食後すぐに車に乗せるのはしのびないので(車酔いはしない子ですが)、30分ほど
おいてから出発です。
家から病院までは1時間くらい。待ち時間があるので、診察は7時くらいになるはず。
完璧です。予定通りでした(^_-)-☆

まずは、抜糸です。
まるで舐めることもなかったので、傷口は本当にキレイなものでした。
キレイにくっついています
(クリックすると大きくなります)
テトくん、抜糸の最中、先生に威嚇しまくりでした。(噛み付くマネだけですが・・・)
痛いのはわかるけど、お世話になった先生にそんなことしちゃイカン!(ー_ー)!!

次に血液検査。
血液検査の結果は順調。
術後かなり高かったGPT、ALPも下がっていました。(GPTは正常値まで。ALPはまだ
少し高いのですが、全く問題ないとの事でした)
問題のアンモニア値は激減!ラクツロースを飲んでいないのに、完全に正常値。
(正常値 16~75 のところ、手術前は薬を服用していても 100以上あったのに、
24にまで下がっていました。退院時は68)
胆汁酸はやはり後日になりましたが、こちらは下がるどころか、少し上がっていました。
急に肝臓が使われるようになったことで、BUNが下がり、連動してTBA(総胆汁酸)が
上がったと考えられるので、これも心配はないとの事でした。

エコー検査もしました。
シャントは多発に移行している傾向もなく、膀胱もキレイなままだそうです。
まだ2週間しかたっていないので、ある意味、当然だと思いますが・・・と、先生自ら
おっしゃっていました。
多発性に移行するかどうかの見極めは3ヶ月くらいかかるとの事ですが、今現在は
順調にきています。

今後の予定としては、しばらくは食事は肝臓サポートを続けるという事。
薬は、ウルソのみを続ける。
ほんの少しくらいなら、おやつにお肉をあげてもいいですよ。って(^_-)-☆
ただし、市販のジャーキー類には、肝臓に悪い成分が入っているものが多いそうなので、
絶対にあげないようにと言われました(自家製ならOK)

1ヵ月後に再び血液検査をしてみて、結果が良ければフードを切り替えましょうと。
普通食に戻してもいいけれども、できればワンクッションおいて、肝臓のリハビリ食に替え
しょうと言われました。
肝臓のリハビリ食なのに、なぜか「関節サポート」だそうです(笑)

生活にいたっては、もう何してもOK!!
暴れまくろうが、どうしようが、普通に生活してくださいって。
やっとシャンプーもできます(笑)
軽く拭いたり、ブラッシングしたりで、ずいぶんおしっこ臭いのはとれていたような気も
するのだけれど、私たちが匂いに慣れただけかもしれないので・・・(^_^;)


本当にトントン拍子にきました。
少しだけであろうが何だろうが、こんなに早くにお肉が食べられるとは!!
嬉しくってしょうがなかったです。
料理嫌いな私ですが、翌日早速、ササミジャーキを手作りしてあげました。
久しぶりのお肉に、最初はとまどいながらも、大喜びで食べてくれました(*^_^*)

今回は。
診察料、抜糸代、エコー検査、血液検査、内服薬(30日分)で、7000円弱です。

良かったね
(この頃、ホントに写真を撮っていなかったので、これは最近の写真です。)

6月2日(火曜日)
前日の電話で、検査結果も順調との事。
予定通り退院です。

GPT、ALP(肝酵素)は高めでしたが、これは術後間もないということで予想範囲内。
アンモニアもまだ少し高めではあるものの正常範囲内になっていました。
(総胆汁酸は外注なので、後日教えてもらいましたが、これもまだ高めではあるもの
の、以前から比べると半分以下に下がっていました。)

とりあえず、しばらくは激しい運動は控えるように。
食事は今まで通り。(ウォルサムの肝臓サポート)
今まで服用していた薬、ラクツロース(下剤)は中止に。
それ以外、プロヘパゾンとベジタブルサポート(どちらもサプリ)は飲みきりで。

新しく出た薬
抗生剤と、肝臓の薬(ウルソデオキシコール酸)
  ※ウルソ・・・・胆汁の流れをよくして、肝臓を守るお薬です

さて、肝心の手術料です。
診察料、血液検査一般、手術代(シャント&膀胱結石)、麻酔、点滴・注射、内用薬投与、
入院(5日分)、退院時の内用薬、すべて含めて、19万円強です。
 *これに関しては、それはもうかなりの幅があるようです。
  30~40万、中にはそれ以上かかるところもあるとか・・・・。
  20万近くというのは、実際問題安い金額ではないのですが、かなり良心的な金額
  だと感じました。



久しぶりの我が家に帰ってまいりましたテトさん。
術後の傷跡も生々しく、痛々しい姿です。
膀胱結石の手術もしましたから、全部で20針くらい縫っています。
(写真を見たい方のみ、「追記」をクリックしてください。)

が、しかし・・・・。
部屋に入った途端、爆走してます。走りまわっております。
狭い部屋を何週も暴走し、家に帰ってこられた喜びを全身で表現しているようで、
とても嬉しい気持ちになりました。
本当に元気な姿に、涙が出てきそうになりました。
でもね・・・・。 激しい運動は止められてるんだってば!!
「やめてくれ~~~~っ!!」と絶叫したのは言うまでもありません・・・(ToT)

遊んで!
とても写真を撮れる状態ではなかったので、ちょっと前の写真です。
でも、このくらい元気でした(^_^;)

退院時、見ると、お股の内側の毛が真っ黄っ黄だったテト。
抱っこした瞬間から、おしっこ臭いのなんの(^_^;)
帰りの車の中でも1回、帰宅してからも数回おもらしをしてしまいました。
その上、しばらくは血が混じっているような色でしたが、膀胱結石の手術後間もない
ということで、様子を見ることに・・・。
どちらも数日で、元に戻りました。

お留守番など、目を離す時用にエリザベスカラーをお借りしていたのですが、これが
全くダメダメなテトくん。これつけた途端、固まって動きません。
陰睾丸の術後の時もそうだった・・・。
ご飯もまるで食べなくなってしまうので、カラー着用はあきらめました。
今回は術痕も大きいので、自己抜糸を防ぐために、極細の針金のような糸で縫わ
れていたのですが、これが触るとチクチクして結構痛いのです。
おかげで、カラーなしでも術痕を舐めることもなくすみました(^_^)v

傷口が痛むという素振りも見せることもなく、食欲もあり(やはりウェット限定。ドライ
はよけまくる・・・ToT )、順調な快復ぶりを見せてくれました(*^_^*)
ホントに・・・。 わんこの快復力って、スゴイ!! の一言です。


▼続きを読む▼

Author:まめだっしゅ
ポチ 我が家の長男
   父ちゃんラブ
   おっさん同士、気が
   合うのか?
(2005.01.31生♂雑種)

テト 我が家の次男
   母ちゃんラブ
   超ビビリでヘタレ
(2006.08.28生♂パピヨン)

まめ’(まめだっしゅ)
   ポチ&テトの母さん

いつでも里親募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。